新入社員導入研修
新入社員研修課題
中堅社員研修
管理者研修
講義

討議/事例研究
グループ活動/教育ゲーム



理解促進テスト
管理の基礎へ
仕事の管理へ
計数管理へ
問題解決能力へ
部下指導育成へ

職場づくりへ
リーダーシップへ
戦略思考へ
人間関係へ
自己革新へ
理解促進テスト








「教材の作り方」は新入社員、中堅社員、管理者と幅広い層に使っていただける教材を例示してあります。教材には個人研究、グループ討議、小講義、ロールプレイングなどの研修技法を取り入れ、だれでもが実施できるように工夫してあります。
研修課題ごとに、
@.何のために研修を行うのか、その目的
A.教材の作り方
B.教材を使った研修の進め方
C.サンプル教材を例示してありますら、すぐに研修ができます。



経営コンサルタントの会社経営診断
会社の収益力、成長性、生産性、安全健全性を診断します。
決算書(損益計算書、貸借対照表)3ヵ年分を比較対照表にして、経営比率、比率の傾向、目標値との対比を捉え、データー、グラフ化などで会社の現状を明らかにします。経営分析テキストに活用し、貴方に会社診断能力の道案内(コンサルティング)をいたします。

経営コンサルタント養成講座
コンサルタントへの道を進もうとされる方に「その心得」「秘訣」をまとめました。 名づけて「コンサルタント養成講座」としましようか。コンサルタントとは、道案内人のことでございます。経営コンサルタントは組織の生産性が向上するように、会社の現状を診断し、問題解決の糸口をつかみ、将来への発展道案内をコンサルティングする仕事をします。働き方改革はテーマでもあります


  社会、会社、人が集まるところには、合理、非合理があります。矛盾は満ち溢れています。人間関係はつまるところ矛盾の上に建つ建物で、私たちはみんな矛盾建物を住処としていると云っても過言ではないでしよう。人々が直面する矛盾とどのように付き合うか、人と人、その相互の関係から発展糸口を考えます
逆境を生きる
決断する
長所を発見する
自信をつける
 恐れを克服する
自分を発見する
選択する
自主性を育てる
等、直面する、課題50項目を取り上げ、生きる知恵、仕事の技術に着眼し、道案内を試みでいます。




交渉力を高めるには
「交渉」とは読んで字のごとく、「交」は「まじえる」「やりとりする」の意味ですし、「渉」は水と歩く、を合わせ「ミズ」と「アユム」、すなわち「足を一歩ずつ進めて川を渡る」ことを言います。つまり「足を踏み込んでかかわりになる」という意味をもっています。ビジネスの社会ではとりわけ他人と取引先と折り合いをつけることが必要です。経営コンサルタントは、貴方に交渉能力を高めることを提案するでしよう。交渉能力を高めるための道案内をいたします。


 

営業能力を高める100の着眼点
ビジネスマンが社会で生きていくための能力は何か、と問われますと、経営コンサルタントは、それは「営業能力だ」と答えるでしよう。ただし、これは昔のことです。今の時代にこのような時代遅れの感覚ではコンサルタントは務まるはずはありません。しかし、営業能力を身につけた人たちは「立派に人生を歩んできている」と、老齢コンサルタントは疑いませんなぜか、それは、「モノを売るのではなく、まず己を売れ」と教えられていたからです。これは今の時代での「笑い話」です。しかし、貴方が営業能力を学ぼうとされるならば、
営業能力を高めるための道案内します


 
現代イソップ物語
イソップ物語は、紀元前600年頃にギリシアで生まれたというのが定説です。その時代は圧政の中で正論を唱えることを許されなかったから、世渡りの知恵を動物に喩えて、物語としました。私は、イソップ物語のタイトルをつけましたが中身はイソップ物語を正統に伝えてはおりません。 イソップ物語を現代の悩める人間関係にあてはめると、どのように考えられるのか、私が独断と偏見で現代風にアレンジした私本「イソップ物語」であります。人間関係を好転させたいと考える方への道案内にございます




projector Rental