管理者研修「進め方」「研修プログラム」

進め方

管理者教育の目的は、一言でいえば、管理者に広い意味での管理能力を身につけることであります。そのためには、管理者の本来的な役割を理解することからはじめなければなりません。管理者の本来的な役割とは、組織目標を達成するために、組織内の諸資源(ヒト、モノ、カネなど)を、部下を通して、また部下を使って、有効に活用することであります。組織全体を組織目標達成に向かって引っぱっていく力が、すなわち管理者に求められる本質的な管理能力ということになります。
具体的には、組織の運営・管理に関する基本的知識をもち、部下や組織全体をリードするリーダーシップやコミュニケーション能力、さらに発生した問題を処理解決する能力などが、その中心となります。
このような能力を管理者に身につけてもらい、企業組織の活性化をはかり、活力ある組織で、企業の業績を伸ばし、合わせ管理者自身の個人的成長をはかるのが目的であります。


研修課題

管理者の役割
業績をあげる考え方
責任と権限
決断すること
仕事の目標を立てる
仕事の方針を示す
部下に仕事をするよう要望する
部下の立場や気持ちを配慮する
部下と意思の疎通をよくする
部下の信頼を得るリーダの行動

 

意気消沈の部下を励ます
指示を待つ部下を動かす
チームでプレーをさせる
仕事の出来栄えを評価する
良い計画を立てる
仕事を割り当てる
仕事の教え方
上手に説明する
指示のしかた
報告のさせ方
上手にほめる
上手に叱る





講義・演習・体験学習で研修を進めます



管理者研修2日間プログラム

●index