恐れを克服する

恐れを克服するには
欲望は強い、しかし恐怖心はもっと根強い。不安や恐怖心に打ち勝つ心を鍛えるには、についてヒントを述べます。欲望と不安は裏表の関係でわたくしたちを駆り立てます。金持ちになりたいと思うが貧乏することを思えばゾッとして手が出せなくなります。不安や恐怖は欲望の裏側にいてわれわれの行動を制御しています。恐れる気持ちが芽生えるとなかなか抜け切れません。不安、恐怖に見舞われると行動がストップします。不安や恐怖の代表的なものは孤独、自分が憂慮する環境問題、金銭上のトラブル、経済的不安定仕事への不安、退屈、目的の欠如、挫折感、感受性過多、中傷や批判に、「より傷つくこと」、対人恐怖、人嫌い、敵意、他人や会社から不当な扱いを受ける。先祖がガンや糖尿病で亡くなっているので自分もそのような病気になるのではないかと、大半の人が一つ以上の問題を抱え込んでいます。いや、たった一つの原因で一人の人の頭を埋め尽くしてしまうことことが可能です。二十代三十代の悩み多い年代には感性が鋭いから小さな出来事で心に受けるインパクトは大きいのです。不安、恐怖と上手に対処する方法を心得ておかないと小さな不安は増幅し、心と頭を埋め尽くします。そして孤独や挫折感といった漠然としたものへと進み、心にポッカリと穴があいてしまいます。
若い世代での不安や恐怖はそのもとになった経験や事実がとらえられやすいので不安の素を突き止めることが比較的容易いといえます。ある二十四才のOLは、電車やエレベーターにも乗れず、人の前で話すことはもちろん人と会うこともできなくなりました。対人恐怖の素になったのは、家族や友人からたまたま「口が臭い」といわれたのがきっかけでした。この事例は不安や恐怖の素となった原因というべき事実がはっきりしています。経験や事実がはっきりしているときは対処しやすいのです。なぜなら口が臭いといった家族と友人に来てもらって、彼女の口臭がいまもするかどうかを再度検証してもらえばよい、それで彼女が納得行かなければ専門医に診断してもらうなどしてその原因となった事実、口臭は消えてしまっていることを彼女自身が確かめれば、少しは心に受けた傷が癒えるでしょう。しかし、心にポッカリと穴があいてしまってからでは何がそうさせたのか素を探ることは難しくなります。あれもこれもが働いて、どれが本当の原因なのかわからなくなります。思い当ることがつかめたとしても状況が変わってしまって、原因を取り除くようなことができなくなっていることだってあります。先程の事例では「口が臭い」といった当事者を早い時期であれば呼んでくることも可能です。だが時間が立ってしまってからではだれが直接の原因なのか記憶も定かではないし、仮に捜しあてたとしても彼女の傷を癒すことはますます困難です。四十代五十代になると多くの経験がなされますから小さなでき事で大きく悩まされることは少なくなります。経験が対処の方法を教えてくれます。ことが起こったときにどう対処すればよいかは過去の経験からおよそ見当がつきます。以前にやったことでうまくいったことを繰りかえして行なえばよいのです。中高年の不安は若いときに長く悩み続けたことが潜在的なものとなって心の隅を占拠しています。物質的、経済的に困り、生活への不安に悩まされた日々が長く続くと中高年になって現われるのが経済的な破綻への恐怖です。世間が豊かになり、日々の生活が保証されているのに、蓄財に走り続けます。老後の備えに異常なまでに執念を燃やすのも経済的な危惧が人を駆り立てるからです。若いときに定まった仕事につけず転々とした人には、仕事につけなくなるのではないかという不安がつきまといます。失業への不安は仕事への執着となります。いつも仕事をしていなければ不安で仕方がません。週休二日制となって休みが二日も続くと対応ができなくなります。中高年を襲う不安は若いときから引きずっている焦燥感が尾を引きます。健康に対する不安も大きくなります。ゴルフやスポーつに走る人たちには本当にスポーツをやりたいからやっているのではなく運動不足は健康を損なうという不安から逃れたいためにやっていることもあります。年をとり多くの経験をして、もう不安なことは何もないと自分の心に言い聞かせていても、食べなければたちまち空腹に襲われるように不安や恐怖は後から押し寄せてきます。恐れを克服する薬はありません。不安を押えることはできません。恐れればもっと不安は増大します。克服しようと思う気持ちが既に恐れからでています。不安が敵になるのは現実に起こりえないことを心の中に思い描き、障害をつくってそれに自分自身が苦しめられるときです。不安が味方になってくれることを探せばよいのです。不安や恐怖は身の危険を予知しているのです。警告を与えていると思えばよろしい。不安や恐怖も同じように人を駆り立てます。そのエネルギーを積極的な方向へと利用するのです。


生きる知恵と仕事の技術を高める着眼点
  逆境を生きる
決断する
長所を発見する
自信をつける
恐れを克服する
自分を発見する
選択する
自主性を育てる
人を見抜く
ジレンマを解決する
失敗から学ぶ
衝動を抑える
やる気にさせる
部下を動かす
部下との対話
アドバイスのしかた
逆説を使う
対立、争いを解決する
質問する技術
本心を読み取る
かけひきする
交渉する
頭を下げる
譲歩する
対人関係
価値観
退職理由を聞き出す
真似をする
変革させる
計画する
会議の技術
会議を壊す方法
改革を進める
落とし穴にはまらない
具体化させる
明確にさせる
人事考課
業績を上げる
同じ釜のメシを食う
サービス業の知恵
仕事と遊びを区別する
締切を設ける
志を長持ちさせる
自分を変える
融合する
器量を育てる
地に足をつけて立つ
出向する
独立する
人生を設計する